赤須翔
作詞作曲ワークショップ

毎月第一木曜日 19:00-22:00
三軒茶屋 Space Orbitにて
1500円(+1 order)

音楽のパーツを組み合わせ、シンプルな音楽理論と共に音楽の仕組みを学びながら、知性と感性を駆使してみんなで毎回1曲作詞作曲します。

その日の参加者の雰囲気、人間性、楽器の組み合わせによって、作曲過程も出来上がる曲も変わってくると思います。そんな予測不可能で一期一会な奇跡的作曲を楽しみにしています。

ボーカリスト、全ての楽器奏者、音楽やったことない人、誰でも大歓迎です。(なお、会場にはマイク以外、楽器は用意されていませんのでご持参下さい。)

僕は元々 Orbitで定期的に演奏していて、ある時オーナーが「どんなのでもいいからここでワークショップやってみてら?」と提案してくれました。どんなのでもいいと言われニュートラルな気持ちで何をやろうか考えることが出来ました。

僕がワークショップを開催するなら、ギターを教えるか、作曲を教えるかだろうな。ギターを教えるとすればそつなくこなすことはできるだろうけど、僕がやる必要があるかな。作曲のワークショップだったらどんなのかな。みんなで曲を作るのが良いだろうな。どんな感じになるか想像できてしまう方より、想像できない方がドキドキして面白いだろう。と思いこのワークショップを始めることにしました。

まだ参加者は少ないですが、曲も増えてきて、バンドっぽさも出てきて、その内このワークショップでライブもするだろうし、ツアーにも出ようと思っています。作曲出来なかった受講者が、何度か参加した後、1曲作曲してきたり。今ではみんなが参加したら良いワークショップだなと思っています。

これまでの作品

素朴な歌

夏の坂道を登ってゆく。

君と手をつないで越えていく。

素敵な鼻歌を口ずさんで

二人この道を歩いて行く。

こんなに来たんだね、晩御飯何する?

あいづち嬉しいな。散歩いいな。


聴こえるよ、風に乗って

僕らの明日の素朴な歌が。

歌    小谷曜子

ギター  滝本優子

マンドリン 赤須翔

作詞作曲 みんな

この日はクラシックギターの滝本さんとボーカルの小谷さんが参加してくれました。まず滝本さんにkeyCの4和音のダイアトニックコードを教えることから始まりました。コードを上がったり下がったり練習する内に、これを曲にしようということになり、作った曲です

歌詞に関しては、この日は8月でとても暑かったので、夏をテーマにしようと決めたらコード進行から、夏の坂道を登っていく、というフレーズが出てきたので、そこからこれはきっと一緒に住んでいる男女の歌で、散歩か買い物に出かけていて、素朴な感じでとか、みんなで風景を想像しながら作りました

雨の待ち合わせ

雨の喫茶店 窓のしずく

濡れたシャツといつものコーヒー

静かなレコード ドアのベルの音

秋の始まりを感じる9月


バス停を通り過ぎるあなたのシルエット見送る

空が晴れるまであなたを待っている

ギター コーラス 滝本優子

ギター ボーカル 赤須翔

作詞作曲 みんな

この日は1回目も参加してくれたクラシックギターの滝本優子さんと二人で作りました。前回ダイアトニックコードを教えるところから始まりましたが、4度までしかやらなかったのでkey Cの残りのコードを教えて、それらを交えてコード進行を作っていきました

この日は雨が降っていたので雨をテーマにし、なんでか喫茶店で誰かを待っているシチュエーションに決めました。そこの喫茶店はどんな所で何があるかを想像しながら作りました

きっと待っている人が現れないんだろう、ということになりその部分はマイナーへ向かう悲しげなコードを付けました。

三軒茶屋

旅にでよう この海を越えていこう

野の花に 見送られていこう

ロンドンベルリンパリローマ

コルドバリスボンアテネイスタンブール

エルサレムニューデリーカトマンズバンコク

プノンペンホーチミンタイペイ三軒茶屋

旅にでよう この空を越えていこう

惑星の軌道に乗っていこう

ジャカルタクアラルンプールケアンズホノルル

テキサスワシントンラスベガスニューヨーク

メキシコシティハバナパナマ

サンバカーニバルビキニ三軒茶屋

代官山渋谷池尻大橋三軒茶屋

ギター コーラス 滝本優子

ギター ボーカル 赤須翔

作詞作曲 みんな

この日は、既に常連となってきて後々はこのワークショップで赤須の右腕となっていくギターの滝本優子さんと二人です。

開始早々軽い気持ちでテーマは三軒茶屋にしよう、と決まり旅へ出て色々な国が出てきて最終的に三軒茶屋、という曲が出来ました

グーグルマップを見ながら出発国はここだね、次はこっちに行ってそのままこっちへ抜けようとか言いながら作りました。

中々の名曲です。

Orbit

おかえり 始まりの家、手に入れた荷物を置いて

チャイでも飲んで一休み。

長い長い道のり振り返る。

君との想い出、心に詰めて、また帰ってくるよ、その日まで。

新しい夜明け追いかけて、一歩一歩歩き出す。

Oh Orbit

まわるまわる

Oh Orbit

めぐりめぐる

Oh Orbit

心おどる

Oh Orbit

思い絵描く

Oh Orbit

響き渡る

Oh Orbit

まわるまわる

エレキギターボーカル  赤須翔

アコースティックギター 松丸良輔

クラシックギター    滝本優子

ギタレレ        渡辺裕未

コーラス        みんな

作詞作曲        みんな

この回のあった月にワークショップ開催場所でもあるSpace Orbitの12周年アニバーサリーがありました。ワークショップの前日にオーナーの松丸さんからメールがあり、アニバーサリーへ向けて曲を作りたいので参加します。とのありがたい提案があり、当日みんなで松丸さんのお店への想いをまとめて出来た曲です。

名曲です。

Happy Birthday

君の好きなものをあげよう

君の好きな曲で踊ろう

君の好きな人を集めて

今日を祝おう


Happy birthday to you


この部分はオービット店長の即興ラップ


Happy birthday to you

マンドリン、ボーカル  赤須翔

ギター         滝本優子

トランペット      小川陽代

コーラス        金谷典子

シェイカー、コーラス  渡辺裕未

ラップ         石丸店長

作詞作曲        みんな

この日は、今では常連の受講者になってくれているトランペットの小川陽代さんが初めて来てくれた日。じゃあテーマを決めて下さいとお願いしたら、友達が今日誕生日なのでHappy Birthdayで。ってことでこのテーマにしました。サビの掛け合い的なところが良い曲です。

新春Brandnew Spring

新春Brandnew Spring


悲しみは忘れて

程よく幸せで

思いやりを持って

人に優しく

楽しく奏でる

未来のハーモニー

僕も君もニワトリも

空も山も海も全て

みんなのハーモニー

世界が平和であるように

隣人に愛を


新春Brandnew Spring

ギターコーラス 滝本優子

トランペットコーラス 小川陽代

ギターコーラス 赤須翔

ラップ語り 石丸店長

作詞作曲 みんな

この日は2016年、年が明けて一発目のワークショップだったので、新春Brandnew Springというテーマになり有名なあのメロディを引用したフレーズが出来ました。なんだか不思議な雰囲気になりました。 お店の店長のまるくんにラップを頼んだら、その辺にあった本を手に取り、目に止まったフレーズを語ってくれました。年明けっぽい感じになりました。その本の著者ごめんなさい。どうか訴えないで下さい。

クレイジーフォー ラーメン

入りやすいお店もあるけれど、少し勇気がいる時もある

正統派細麺しょうゆのラーメンが食べたいけれど、なかなかおいしいのがない。


しょうゆとんこつみそとんこつしょうゆ

たまりしょうゆ塩チキン魚介しょうゆ

クリーム醤油チーズラーメン

あなたが麺なら、私はスープ

この命尽きるまでお伴いたします

あなたと食べたいラーメン


犬や猫や鳥や魚だったら食べられなかったかもラーメン

なんなら具になっていたかも


あなたが麺なら、私はスープ

この命尽きるまでお伴いたします。

あなたと食べたいラーメン

ナルト意外と入ってない

ギタレレボーカル 赤須翔

ギター 滝本優子

作詞作曲 みんな

この日は、なんと僕が30分くらい遅刻してしまって事前にそれを滝本さんに連絡したら、「じゃあそれまでラーメン食べてます」との事だったので、じゃあ今日はラーメンの曲を作ろう、歌詞は食べながら考えておいて、と伝えたら滝本さんがほとんど作ってきてくれたので、それに曲を付けました。しかしなんかの曲に似ていますねぇ。。。。。

私の彼は深海魚

私の彼は深海魚

舟の上から覗いても

なかなか姿が見えない

私の彼は深海魚

透き通った深い海底

悠々自適に過ごしてる


ゼリーみたいにデリケート

地上に来たら潰れちゃう


だから海に潜って

ゆっくりとゆっくりとあの人の深さまで

ゆっくりと降りてゆく


私の彼は深海魚

浜辺でずっと待ってても

会いに来てくれるはずもない

おばけみたいに隠れてる

とても地上で暮らせない


だから海に潜って

ゆっくりとゆっくりと

あの人の深さまで

ゆっくりと降りてゆく

ギターボーカル 滝本ゆうこ

トランペット  小川はるよ

マンドリン   赤須翔

作詞作曲 滝本ゆうこ

編曲 みんな

この日は、事前に滝本さんに1曲作ってきて下さいという宿題を出していました。そしてなんと本当に作ってきてくれました。シンガーソングライター滝本優子。不思議なセンスですね。そしてとてもいい曲ですね。いつも受講してくれていた彼女がこんな曲を作るなんてびっくりでした