ポッティ

先日、とあるドラマーのサポートで一週間ほど岡山へライブツアーに行ってきました。 僕はトラベラーズギターのLap axeで演奏してまわっていました。 最終日のライブが終わり、片付けをしている最中に話しかけてきてくれた50代くらいの男性のお客さんがいました。その方もギタリストということで、そのLap axeというトラベラーズギターに興味を持ったようで話は盛り上がり、その方もlap axeを買う気になっていました。一旦話は終わってまた片付け再開。ふとこの小さいサイズのアコギ無いのかなぁ、でも無いかぁそんなの。なんて事が頭をよぎり、何かのタイミングでまたさっきの方と話が始まりました。どうやらその人はギターをたくさん持っていて、なんとその方のお家にすごく良い音のする小さいアコースティックギターがあると言い出しました。なんなら家に見に来る?なんて事になり、行きます!っと言ってしかも昨日パーティーをしていたのでその残りのご飯があり、打ち上げもできるという事で、お腹ペコペコのみんなも喜んで参加。いざお宅へ行くと詳細は省略しますが、倉庫みたいな所に、レトロの自転車やなんやかんややギターがずらーーっと置いてあってなんじゃここ!!でした。

ギターやマンドリンの数々を見ていると、ふと大学で師事していた僕の先生の事を思い出し、その先生をご存知ですか?と尋ねてみたら、ある一本のギターを指して知ってるも何もこのギターはその先生から譲ってもらったんだよ、という話になり、それまたミラクルたまげました。

これまたなんかフラグが立っているなぁとか思いつつ例の小さいアコースティックを弾かせてもらいました。いい感じだったのですが、あまりピンと来ず、少し奥の別の部屋を覗いてみるとそこにあったユニークな形の小さいガットギター(後で調べたらyukinobu chaiのソプラノギター)があり、そっちに心をグッと掴まれ一目惚れ。それも弾かせてもらったら、これがビックリするほどの良い音かつ不思議な音がして、運命を感じてしまい、ご無理を言って安く譲ってもらいました。 後ろから見るとポットみたいなので、ポッティという名前にしました。ハリーポッティ。 僕はポッティに「選ばれし者よ、私を使いなさい」と呼び出されたんじゃないかと思ってます。1981年生まれの35歳。テレパシーを使えるソプラノギター。

んでツアーも終わり後日、ある生徒にレッスンをしていました。レッスンを受け始める前はギター弾いたことない方の二回目のレッスン。Aの押さえ方を教えた所でしたがまだ上手く音が出ない。 そんな感じの所、少しレッスンから脱線して新しい仲間ポッティを紹介して、弾いて聴かせてあげた。その生徒も凄い良い音だと感動してました。んでレッスンに戻り、生徒にまたAを弾いてもらったら、音が全然変わっちゃった。僕も生徒もあれ!?音が良くなったねってびっくりしたくらい。音がすーっと伸びるようになった。意識が変わってしまったんでしょうか。いい音を聴くだけで、人が奏でる音って変わるんだなぁと勉強になった。その後は生徒もポッティさん、とさん付けでした。

不思議な音がするんですポッティ。部屋全体の空気が響いているのが分かる感じ。 少し前にホーメイという倍音を操作する歌を始めたのですが、そういう音の響きが分かるようになって来たような気がします。温泉でホーメイやるとよく分かるのですが、倍音はよく響いて後ろから横から聴こえてくるんです。 倍音耳が付いてくると街を歩いていても、車の音や足音や電車の音が倍音に聴こえてくる。

あそうそうこれは最近に始まった事じゃないんだけど、路線によっては当てはまらなかったりするんだけど、小田急線とか中央線とかの電車に乗ってると、駅に停まった時、車体が揺れて軋んでる音。あれが喘ぎ声に聞こえてしょうがないんですが、皆さんどうですか?勢いついて小刻みに揺れてる時なんてもうすごいんですよ。もうまさになんです。車内の乗客に勝手に気まずくなって、この空気大丈夫!?って心配になるほどです。しかし友達にその事を言っても、「は?」みたいな反応されます。僕の中ではすっかりみんな気付いているけど、気付かないフリをしているもんだと思ってました。でもネットで調べてみると、同じように感じている人は結構いるみたいで、安心しました。

もし電車の軋む音を、住んでいる部屋の隣から聞こえるように流したら、絶対に誰しもがそれだと思うはずです。 逆にもし喘ぎ声を電車の中で流したら、、、、、それは絶対に、、、、うーん、、それは喘ぎ声かなぁ。。。

2016-08-23

Archives