道のおばあちゃん

2018-03-07

朝、小田急線に乗っていた

2018-03-06

音楽で世の中のエンターテイメントをどう変えたいですか?という質問に対して自分なりに文章を作ってみたので、ブログに載せた。

2018-03-05

ポッティ

2017-09-09

バジル

2016-08-23

Archives

道のおばあちゃん

僕はとある住宅街の長い一本道に立っていた。

50mくらい向こうの方から結構な年配の女性がこっちの方へ向かって歩いて近づいていた。 ヨタヨタしていて、腰も曲がって、足も曲がっていて、少し重たそうな買い物袋片手。杖片手。なんとか三歩進んで、一呼吸。そしてまた三歩。

僕は率直に「大変そうだなぁ、かわいそうだなぁ。」と思った。 なんなら 「独り身なのかなぁ。寂しいかなぁ。」とかまで想像した。

僕はどうするべきかなぁ。荷物持って運んであげる?でも仕事中だし、どこまで帰るかわからないし、実は人見知りだし。

やらない理由を探している卑しい自分。

着実にどんどん近づいてくるおばあちゃん。

もし車が今あったら乗せてあげる?どうかなぁ。 おばあちゃん、あんまり綺麗な格好じゃないし、なんかよくわからない独り言ずっと言ってるし、会話成立するかなぁ。

どうするのが正解か。答えがあったら教えて欲しい。

と思ったらへんで、おばあちゃんは僕のいた地点を通り越して、その先にある高級寿司屋の中にゆっくり消えていった。 大将も慣れた様子で扉を開けて閉めた。

僕はその時、率直に「ま、負けた。」と思った。

そしてすぐ、さっき求めた答えも返ってきた。

その人にはその人の人生があり、簡単に勝手にかわいそうだなんて思っちゃいけない。自然な成り行きで助けたくなったらばできる範囲で助けたら良い。

ましてや負けた。なんて思ってる時点で自分の方が優れているという考えがベースにあったという大変おこがましいやつだなお前は。そういうやつに限って、人を優劣で見て、ゴマすったり、見下したりするんだ。 確かに五体満足で生まれてラッキーかもしれないが色んな人生それだけではない。もっといえば自分のラッキーをもっと見つめ直しなさい。。。

これは飲食店の食べログとかそんなのにも言えるなと思います。勝手に星がいくつで味がどうのこうのあそこのラーメンは出汁がどうのこうのだから味がどうのこうのでここは良いけどここは微妙だのどうのこうの。

料理人ほど他人の料理の悪口は言わないんだよなぁ。

2018-03-07

朝、小田急線に乗っていた

先日、朝早くに新宿から成城学園前に向かうため小田急線の電車に乗っていた。

日曜だったので、車両は空いていた。 椅子に座ってうつらうつらしていた。 現実に戻ってきて、寝ぼけながら薄目開いたときに、一瞬不思議な光景を見た。 僕の正面に座っている女性の後ろの窓の外の景色が高速で流れていくように見えた。普通の事なんだけど、女性が移動しているのではなくて、後ろの景色が移動しているように見えた。

僕は全ての物事に表と裏があるという話が好きで、「有る」ということの裏にはそれと同じだけの「無い」が存在する。光と影。イヤヨイヤヨも好きの内。大きすぎるものには気づかない。自信の無い人の方が自分を大きく見せようとしていたり。

その理論に乗っかると、移動しているという表の事実が「有る」ということは、移動していないという裏の「無い」が存在するということになる。

移動すると周りの景色が変わり、速く進むとその逆方向にその分の力が体に加わる。 重力があるから上と下があって、時間が経つとその分、遠い距離を移動している。

なんかそんなような科学っぽい数学の文章問題っぽい暗黙のルールや情報が当たり前に存在していて、そのルールにのっとって身の回りの環境と現実に変化が起こっているだけで、 実は本当の自分はどこにも移動していないんじゃないか? という発想が少し実感を持って産まれた。

そして、だから何?って話。

日曜の朝、小田急線で宇宙の隙間に一瞬入り込んだような気がした話でした。

2018-03-06

音楽で世の中のエンターテイメントをどう変えたいですか?という質問に対して自分なりに文章を作ってみたので、ブログに載せた。

もっと多種多様な音楽性が広がっていて欲しいと思います。ジャンルだけの話ではなくて、恋愛の事以外にもっと曲になっても良いことがたくさんあります。 うまく説明できないことがあってもいいし、歌唱力に関しても、まずうまくなきゃいけない、高い声が出ないといけない、カリスマ性がないと聴く人がいない。 コード進行も同じようなパターン化して、なおかつ組み合わせが増えて、難しくなって聴きづらい。もっとシンプルで良い。 テレビ等、メディアは商業なので、しょうがない部分はあるとは思いますが、それだけの音楽はもう飽きました。

荒削りでも下手でも素朴でも良い才能はたくさんあるし、もっと身近な音楽が街に溢れていて良いと思うし、有名になることが全てではない。(でも少しは有名になりたい)

形がよくなくても、小さくても、素朴でもその中にある良いものに気づける感性を持つこと。

まずその辺にいる普通の人たちの中に、その心がもっと増えたら良いなと思います。

2018-03-05

ポッティ

先日、とあるドラマーのサポートで一週間ほど岡山へライブツアーに行ってきました。 僕はトラベラーズギターのLap axeで演奏してまわっていました。 最終日のライブが終わり、片付けをしている最中に話しかけてきてくれた50代くらいの男性のお客さんがいました。その方もギタリストということで、そのLap axeというトラベラーズギターに興味を持ったようで話は盛り上がり、その方もlap axeを買う気になっていました。一旦話は終わってまた片付け再開。ふとこの小さいサイズのアコギ無いのかなぁ、でも無いかぁそんなの。なんて事が頭をよぎり、何かのタイミングでまたさっきの方と話が始まりました。どうやらその人はギターをたくさん持っていて、なんとその方のお家にすごく良い音のする小さいアコースティックギターがあると言い出しました。なんなら家に見に来る?なんて事になり、行きます!っと言ってしかも昨日パーティーをしていたのでその残りのご飯があり、打ち上げもできるという事で、お腹ペコペコのみんなも喜んで参加。いざお宅へ行くと詳細は省略しますが、倉庫みたいな所に、レトロの自転車やなんやかんややギターがずらーーっと置いてあってなんじゃここ!!でした。

ギターやマンドリンの数々を見ていると、ふと大学で師事していた僕の先生の事を思い出し、その先生をご存知ですか?と尋ねてみたら、ある一本のギターを指して知ってるも何もこのギターはその先生から譲ってもらったんだよ、という話になり、それまたミラクルたまげました。

これまたなんかフラグが立っているなぁとか思いつつ例の小さいアコースティックを弾かせてもらいました。いい感じだったのですが、あまりピンと来ず、少し奥の別の部屋を覗いてみるとそこにあったユニークな形の小さいガットギター(後で調べたらyukinobu chaiのソプラノギター)があり、そっちに心をグッと掴まれ一目惚れ。それも弾かせてもらったら、これがビックリするほどの良い音かつ不思議な音がして、運命を感じてしまい、ご無理を言って安く譲ってもらいました。 後ろから見るとポットみたいなので、ポッティという名前にしました。ハリーポッティ。 僕はポッティに「選ばれし者よ、私を使いなさい」と呼び出されたんじゃないかと思ってます。1981年生まれの35歳。テレパシーを使えるソプラノギター。

んでツアーも終わり後日、ある生徒にレッスンをしていました。レッスンを受け始める前はギター弾いたことない方の二回目のレッスン。Aの押さえ方を教えた所でしたがまだ上手く音が出ない。 そんな感じの所、少しレッスンから脱線して新しい仲間ポッティを紹介して、弾いて聴かせてあげた。その生徒も凄い良い音だと感動してました。んでレッスンに戻り、生徒にまたAを弾いてもらったら、音が全然変わっちゃった。僕も生徒もあれ!?音が良くなったねってびっくりしたくらい。音がすーっと伸びるようになった。意識が変わってしまったんでしょうか。いい音を聴くだけで、人が奏でる音って変わるんだなぁと勉強になった。その後は生徒もポッティさん、とさん付けでした。

不思議な音がするんですポッティ。部屋全体の空気が響いているのが分かる感じ。 少し前にホーメイという倍音を操作する歌を始めたのですが、そういう音の響きが分かるようになって来たような気がします。温泉でホーメイやるとよく分かるのですが、倍音はよく響いて後ろから横から聴こえてくるんです。 倍音耳が付いてくると街を歩いていても、車の音や足音や電車の音が倍音に聴こえてくる。

あそうそうこれは最近に始まった事じゃないんだけど、路線によっては当てはまらなかったりするんだけど、小田急線とか中央線とかの電車に乗ってると、駅に停まった時、車体が揺れて軋んでる音。あれが喘ぎ声に聞こえてしょうがないんですが、皆さんどうですか?勢いついて小刻みに揺れてる時なんてもうすごいんですよ。もうまさになんです。車内の乗客に勝手に気まずくなって、この空気大丈夫!?って心配になるほどです。しかし友達にその事を言っても、「は?」みたいな反応されます。僕の中ではすっかりみんな気付いているけど、気付かないフリをしているもんだと思ってました。でもネットで調べてみると、同じように感じている人は結構いるみたいで、安心しました。

もし電車の軋む音を、住んでいる部屋の隣から聞こえるように流したら、絶対に誰しもがそれだと思うはずです。 逆にもし喘ぎ声を電車の中で流したら、、、、、それは絶対に、、、、うーん、、それは喘ぎ声かなぁ。。。

2017-09-09

バジル

ある夜、家でシャワーを浴びていたら、どうしてか自分の足がいつもと違う見え方がした。進化の結果この形と曲がり方になったんだなぁ、なんて変な事を考えていた。そしたら急に、ベランダのあのほとんど枯れかけたバジルの苗を枯らしてはいけない。という思考が浮かんだ。あのほとんど枯れかけたバジルの苗というのは、僕が2週間ほど前に、立ち寄った長野の野菜直売所でバジルの葉っぱを買ってその場で食べたらめちゃめちゃ美味しくて感動して、お店のおばちゃんに勧められるままバジルの苗を一本買ってしまったそれ

買ったはいいものの僕は昔から生き物を育てられない。カブトムシもだめだったし、昔飼ってた犬も僕が餌やる役だったんだけど、サボるから代わりにお父さんがずっとやってた。ミドリガメに関しては最終的にカピカピにしてしまった。植物なんて全然だめ。サボテンがカラッカラになった。

バジルの苗を買ったときは嬉しかったしワクワクしてたから大丈夫な気がしてたんだけど、案の定気づいたらほとんど枯れかけていた。それを見ても、あらら枯れてる、としか思わなかったんだけど、シャワー中にバジルが枯れたら僕はだめになる。ってなんでか急に思った。というよりその思考が入ってきた。

そしてシャワールームから出てすぐ、買った時のまま黒いビニール製のポットに入ったほとんど枯れかけているバジルの苗にコップ一杯の水をごめんって思いながらあげた。そしたら気のせいかバジルが喜んでいる感じがした。

次の日の朝、バジルを見たら緑の部分が増えていた。驚いた。生命力も上がっていた気がした。またコップで水をあげた。

何日も経っていないけど、それから毎日水をあげている。枯れた部分も取ってやった。どんどん緑が増えてきて、葉っぱも一枚食べた。実家の畑に植え替えようかとも思ったけど、もう少し近くで見届けたいと思ってやめた。

たかが水をやるかやんないかだけなんだけど、その簡単なルーティンを怠るだけで植物は枯れてしまう。当たり前の命のグルーヴ的なものを学んだ。こんな事みんな分かってるんだろうけど、僕の中にはなかった特別な感覚だった。

才能もほっとくと枯れてしまうけど、水をやるぐらいの簡単な事でいいから才能の為になにか続けていれば、成長するんだろう。それは人間関係とかお金とかも一緒だろう。現在まだ僕が音楽で軌道に乗っていないのは、その辺がわかってないからだろう。そう考えると枯らしてしまった人間関係あるなぁ。なんなら引っこ抜いてしまったやつもあるな。

この辺の事をシャワー中に感じてバジルを枯らしたら僕はだめになるって思ったんだろうな。その時はわかんなくても後で考えるとそういう事かってことあるよね。

これらの感覚を忘れないように早めに歌にしようと思う。

130円のバジルの苗から色んな事を知った話でした。 それではまた次回までさよなら。

あっ、バジルがうまく行ったら、実家の畑に枝豆でも植えてみよう。ゆみちゃんはフルーツも植えたいって言ってる。

もいっかいさよなら。

あっ子供みたいなの生えてきた!雑草かも知んないけど。

またもいっかいさよなら。

Basil
2016-08-23

旧ブログはこちらから。