ポッティ

2017-09-09

バジル

2016-08-23

自分へのリマインダー

2016-07-02

木から宇宙を妄想

2015-09-15

長崎市民平和憲章

2015-08-09

Archives

ポッティ

先日、とあるドラマーのサポートで一週間ほど岡山へライブツアーに行ってきました。 僕はトラベラーズギターのLap axeで演奏してまわっていました。 最終日のライブが終わり、片付けをしている最中に話しかけてきてくれた50代くらいの男性のお客さんがいました。その方もギタリストということで、そのLap axeというトラベラーズギターに興味を持ったようで話は盛り上がり、その方もlap axeを買う気になっていました。一旦話は終わってまた片付け再開。ふとこの小さいサイズのアコギ無いのかなぁ、でも無いかぁそんなの。なんて事が頭をよぎり、何かのタイミングでまたさっきの方と話が始まりました。どうやらその人はギターをたくさん持っていて、なんとその方のお家にすごく良い音のする小さいアコースティックギターがあると言い出しました。なんなら家に見に来る?なんて事になり、行きます!っと言ってしかも昨日パーティーをしていたのでその残りのご飯があり、打ち上げもできるという事で、お腹ペコペコのみんなも喜んで参加。いざお宅へ行くと詳細は省略しますが、倉庫みたいな所に、レトロの自転車やなんやかんややギターがずらーーっと置いてあってなんじゃここ!!でした。

ギターやマンドリンの数々を見ていると、ふと大学で師事していた僕の先生の事を思い出し、その先生をご存知ですか?と尋ねてみたら、ある一本のギターを指して知ってるも何もこのギターはその先生から譲ってもらったんだよ、という話になり、それまたミラクルたまげました。

これまたなんかフラグが立っているなぁとか思いつつ例の小さいアコースティックを弾かせてもらいました。いい感じだったのですが、あまりピンと来ず、少し奥の別の部屋を覗いてみるとそこにあったユニークな形の小さいガットギター(後で調べたらyukinobu chaiのソプラノギター)があり、そっちに心をグッと掴まれ一目惚れ。それも弾かせてもらったら、これがビックリするほどの良い音かつ不思議な音がして、運命を感じてしまい、ご無理を言って安く譲ってもらいました。 後ろから見るとポットみたいなので、ポッティという名前にしました。ハリーポッティ。 僕はポッティに「選ばれし者よ、私を使いなさい」と呼び出されたんじゃないかと思ってます。1981年生まれの35歳。テレパシーを使えるソプラノギター。

んでツアーも終わり後日、ある生徒にレッスンをしていました。レッスンを受け始める前はギター弾いたことない方の二回目のレッスン。Aの押さえ方を教えた所でしたがまだ上手く音が出ない。 そんな感じの所、少しレッスンから脱線して新しい仲間ポッティを紹介して、弾いて聴かせてあげた。その生徒も凄い良い音だと感動してました。んでレッスンに戻り、生徒にまたAを弾いてもらったら、音が全然変わっちゃった。僕も生徒もあれ!?音が良くなったねってびっくりしたくらい。音がすーっと伸びるようになった。意識が変わってしまったんでしょうか。いい音を聴くだけで、人が奏でる音って変わるんだなぁと勉強になった。その後は生徒もポッティさん、とさん付けでした。

不思議な音がするんですポッティ。部屋全体の空気が響いているのが分かる感じ。 少し前にホーメイという倍音を操作する歌を始めたのですが、そういう音の響きが分かるようになって来たような気がします。温泉でホーメイやるとよく分かるのですが、倍音はよく響いて後ろから横から聴こえてくるんです。 倍音耳が付いてくると街を歩いていても、車の音や足音や電車の音が倍音に聴こえてくる。

あそうそうこれは最近に始まった事じゃないんだけど、路線によっては当てはまらなかったりするんだけど、小田急線とか中央線とかの電車に乗ってると、駅に停まった時、車体が揺れて軋んでる音。あれが喘ぎ声に聞こえてしょうがないんですが、皆さんどうですか?勢いついて小刻みに揺れてる時なんてもうすごいんですよ。もうまさになんです。車内の乗客に勝手に気まずくなって、この空気大丈夫!?って心配になるほどです。しかし友達にその事を言っても、「は?」みたいな反応されます。僕の中ではすっかりみんな気付いているけど、気付かないフリをしているもんだと思ってました。でもネットで調べてみると、同じように感じている人は結構いるみたいで、安心しました。

もし電車の軋む音を、住んでいる部屋の隣から聞こえるように流したら、絶対に誰しもがそれだと思うはずです。 逆にもし喘ぎ声を電車の中で流したら、、、、、それは絶対に、、、、うーん、、それは喘ぎ声かなぁ。。。

2017-09-09

バジル

ある夜、家でシャワーを浴びていたら、どうしてか自分の足がいつもと違う見え方がした。進化の結果この形と曲がり方になったんだなぁ、なんて変な事を考えていた。そしたら急に、ベランダのあのほとんど枯れかけたバジルの苗を枯らしてはいけない。という思考が浮かんだ。あのほとんど枯れかけたバジルの苗というのは、僕が2週間ほど前に、立ち寄った長野の野菜直売所でバジルの葉っぱを買ってその場で食べたらめちゃめちゃ美味しくて感動して、お店のおばちゃんに勧められるままバジルの苗を一本買ってしまったそれ

買ったはいいものの僕は昔から生き物を育てられない。カブトムシもだめだったし、昔飼ってた犬も僕が餌やる役だったんだけど、サボるから代わりにお父さんがずっとやってた。ミドリガメに関しては最終的にカピカピにしてしまった。植物なんて全然だめ。サボテンがカラッカラになった。

バジルの苗を買ったときは嬉しかったしワクワクしてたから大丈夫な気がしてたんだけど、案の定気づいたらほとんど枯れかけていた。それを見ても、あらら枯れてる、としか思わなかったんだけど、シャワー中にバジルが枯れたら僕はだめになる。ってなんでか急に思った。というよりその思考が入ってきた。

そしてシャワールームから出てすぐ、買った時のまま黒いビニール製のポットに入ったほとんど枯れかけているバジルの苗にコップ一杯の水をごめんって思いながらあげた。そしたら気のせいかバジルが喜んでいる感じがした。

次の日の朝、バジルを見たら緑の部分が増えていた。驚いた。生命力も上がっていた気がした。またコップで水をあげた。

何日も経っていないけど、それから毎日水をあげている。枯れた部分も取ってやった。どんどん緑が増えてきて、葉っぱも一枚食べた。実家の畑に植え替えようかとも思ったけど、もう少し近くで見届けたいと思ってやめた。

たかが水をやるかやんないかだけなんだけど、その簡単なルーティンを怠るだけで植物は枯れてしまう。当たり前の命のグルーヴ的なものを学んだ。こんな事みんな分かってるんだろうけど、僕の中にはなかった特別な感覚だった。

才能もほっとくと枯れてしまうけど、水をやるぐらいの簡単な事でいいから才能の為になにか続けていれば、成長するんだろう。それは人間関係とかお金とかも一緒だろう。現在まだ僕が音楽で軌道に乗っていないのは、その辺がわかってないからだろう。そう考えると枯らしてしまった人間関係あるなぁ。なんなら引っこ抜いてしまったやつもあるな。

この辺の事をシャワー中に感じてバジルを枯らしたら僕はだめになるって思ったんだろうな。その時はわかんなくても後で考えるとそういう事かってことあるよね。

これらの感覚を忘れないように早めに歌にしようと思う。

130円のバジルの苗から色んな事を知った話でした。 それではまた次回までさよなら。

あっ、バジルがうまく行ったら、実家の畑に枝豆でも植えてみよう。ゆみちゃんはフルーツも植えたいって言ってる。

もいっかいさよなら。

あっ子供みたいなの生えてきた!雑草かも知んないけど。

またもいっかいさよなら。

Basil
2016-08-23

自分へのリマインダー

日々色々思いつくのだけれど、忘れてしまう。そんな事よくあります。 何か思いつくとあっこれは前に思いついたやつだ、となる事がよくあり、前からこの部分は進歩してないのか。と悲しくなるので、このブログを一度リマインダーに使ってみよう。

このブログは、赤須翔ホームページ移行後の記念すべき第一回目の投稿になり、こんな内容で良いのか?と思うけどまぁとりあえずやってみよう。

人を楽しませる。なるべくポジティブシンキング。早寝早起きする。ストリートする。可能性の種をまく。色んなところへ出向く。ピンッと来たり、違和感だったり、自分の感覚を信じる。楽しむ心、遊び心を忘れない。コンスタントにプチツアーする。呼吸と思考は結びついている。科学では解明できないものすごい仕組みの脳や体を僕は持っている。今ここに生きている感覚を忘れない。遺伝子が紡いで行く何かを掴む。ヒラメキが来るのは脳の少し上。身の回りの出来事やヒラメキはメッセージ。うまく行かない時は何かを変えてみる。新鮮な事や変化は想像力に繋がる。部屋の換気をするように、思考やイマジネーションの換気もする。言葉で説明できる事を音楽にする必要はない。向こう側から音を持ってくる意識。携帯やSNSに依存せず、超便利なものとして利用する事を心掛ける。月一回は実家に帰る。続けていればチャンスは来る。弾く音を弾く少し前に選んでおく。大きく、思い切って弾く。作詞は、頭の中で即興をする。フレーズは歌心でサウンドさせる。熱はエネルギー。熱意もエネルギー。そのエネルギーは伝染する。自分にしか出来ないことを見つける、作る、やる。常に楽器は持ち歩く。未来はまだない。今しかない。未来へ向けて今を作る。今を演奏する。

こんな感じ。どうなんだろう。まぁ良しとしよう。何日かかけて思い付いて忘れたくない事をちまちま残していました。内容八割不思議系でしたね。これほどスピリチュアル体質でも無いのですが、もっとこうなりたいという気持ちが、あるのでしょう。

祝!!赤須翔ホームページリニューアル!!

次の投稿はいつになるやら。

2016-07-02

木から宇宙を妄想

最近僕は明治神宮が好き。ピーク時は月に5回は行ってた。あそこの木たちは、原生林なのかと思ってたら、90年前に当時の最先端の学者さん達が集まって、どこの部分になんの木を植えるのが森が育つのに効率が良いかアイデアを出し合って作った森だと聞いた。

本殿のお参りする目の前にご神木が2本立っているのだけど、結構かっこいい。枝の伸び方とか整え具合になんとなく宇宙を感じる。そこからさらにご神木を通して宇宙を考えてみた。

木には目や耳が付いていないので自身の周りがどうなっているかわかっていないと思うのだけど、葉っぱが酸素や光を吸収して光合成している。光のある方へぐいっと伸びている。もっと光ほしいぃみたいに。まるで生きているみたい。生きているんだけど。

木にとっては、自分の体とその周りの部分は存在の仕方の次元が違うんだけど、光合成によってがっちり繋がっている。木にとったら太陽が神。

木が宇宙だとしたら、その周りの部分は宇宙の外。宇宙はまだ広がり続けているし、その外は解明されていない。

宇宙の外はこの世界とはきっと次元が違うから人間には解明できない。木に目が付いていないのと一緒。でも木が光合成で宇宙とがっちり繋がっていて、木は宇宙を求めている。

宇宙の外の部分は多分、無ではなくて僕らにとってめちゃ大事な何かがある。はず。その部分て何か考えたり、なんとなくその部分に感謝したりするのは大事なことな気がする。

ここまでを人間に置き換えてみると、脳みそが宇宙。その周りの世の中が宇宙の外。人間には目とか耳とかがあるので色々な世界を理解できるけど。

人間の場合、脳みそが外の世界を見たいから、目とか耳とか感覚を付けたという感じか?時々、脳に自分は操作されているんじゃないかと思うことがある。脳が自分自身のはずなのに、心臓とか内臓を自分で制御出来ないし。もしくは何かセンス的なもの、もしくは宇宙の外のもっと別次元のものが僕らを司っているかもしれない?

例えるなら脳みそが宇宙で、、、と書いたけど、というか実際の僕らが生きているこの世界や宇宙に僕らの脳は時計の歯車みたいに直接連動している気もしている。

遠い宇宙からこの世界を頭の中で想像して、例えばより良い世の中になる妄想とか、平和とか、お金欲しいとか、その過程とか妄想するのがいいような気がしている。

というようなことを明治神宮で考えてます。

これにて今回の赤須翔の危険思想ブログを終わります。

P.S 僕は無宗教です。

2015-10-08

長崎市民平和憲章

私たちのまち長崎は、古くから海外文化の窓口として発展し、諸外国との交流を通じて豊かな文化をはぐくんできました。 第二次世界大戦の末期、昭和20年(1945年)8月9日、長崎は原子爆弾によって大きな被害を受けました。私たちは、過去の戦争を深く反省し、原爆被爆の悲惨さと、今なお続く被爆者の苦しみを忘れることなく、長崎を最後の被爆地にしなければなりません。 世界の恒久平和は、人類共通の願いです。 私たち長崎市民は、日本国憲法に掲げられた平和希求の精神に基づき、民主主義と平和で安全な市民生活を守り、世界平和実現のために努力することを誓い、長崎市制施行百周年に当たり、ここに長崎市民平和憲章を定めます。

1. 私たちは、お互いの人権を尊重し、差別のない思いやりにあふれた明るい社会づくりに努めます。

1. 私たちは、次代を担う子供たちに、戦争の恐ろしさを原爆被爆の体験とともに語り伝え、平和に関する教育の充実に努めます。

1. 私たちは、国際文化都市として世界の人々との交流を深めながら、国連並びに世界の各都市と連帯して人類の繁栄と福祉の向上に努めます。

1. 私たちは、核兵器をつくらす、持たず、持ちこませずの非核三原則を守り、国に対してもこの原則の厳守を求め、世界の平和・軍縮の推進に努めます。

1. 私たちは、原爆被爆都市の使命として、核兵器の脅威を世界に訴え、世界の人々と力を合わせて核兵器の廃絶に努めます。私たち長崎市民は、この憲章の理念達成のため、平和施策を実践することを決意し、これを国の内外に向けて宣言します。

平成元年3月27日 長崎市議会

2015-08-09

旧ブログはこちらから。